前へ
次へ

時間をかけつつ健康食品を買いましょう

何も考えずに健康食品を買ってしまうのはナンセンスです。
そのようなことをせずに、必ず特徴などを

more

健康食品を購入する上で何ができるか

今は、ドラッグストアや漢方相談薬局など、数え切れない位に多くの健康食品を取り扱っているお店が存在して

more

体のアンチエイジングができる健康食品

実際に努力と工夫をすれば、人間はアンチエイジングをしっかりと行うことができます。
体の内側から

more

健康食である青魚の最高の食べ方を知る

頭の良くなるパンが販売されたことがあり、当時受験生だった人の中には飛びついた人もいるでしょう。
なぜ頭が良くなるかといえば、脳の記憶に関係すると言われる成分がパンに練り込まれていたようで、それを食べると記憶力が良くなったのでしょう。
今はその成分は健康食品において成分名として売られています。
DHAやEPAと呼ばれる成分で、それぞれが作用することによって脳の働きを良くしてくれるとされています。
頭が良くなるよりも高齢者が脳の働きを維持するために摂取することが多いようです。
そのDHAやEPAに関してはある食品に多く含まれているとされていて、それが青魚になります。
鯖や鯵、鰯、秋刀魚などが知られていて、マグロなどに比べると庶民の味方の価格なので買いやすいかもしれません。
秋刀魚以外の魚は一年を通じて売られることが多いですが、秋刀魚に関しては秋を中心に安く売られています。
焼き魚用として販売されているものを購入する人もいるでしょう。

年中無休・低価格のダイシングループ

ではこの青魚を健康食として有効に食べるにはどうすればいいかです。
魚の食べ方としては焼く方法、煮る方法、そして日本であれば生で食べる方法が知られています。
ただ鯖に関しては足が早いとされあまり生で食べることはありません。
しめさばなど加工することで生に近い状態で食べることはできます。
鯵や鰯もかなり新鮮でないと生で食べるのは難しく、普通に生のものを購入して来ても焼き魚や煮魚として食べるしかないでしょう。
青魚に含まれるDHAやEPAは魚の脂部分に含まれていて、これらは加熱などをするとどんどん流れ出しやすくなります。
煮魚などにするときは、煮汁毎食べられるような料理にした方が良さそうです。
そんな中青魚の栄養分を丸ごと食べるのにいい物が人気になっています。
それは鯖缶や鰯缶と呼ばれる缶詰です。
これらは新鮮な状態の鯖などをすぐに缶に詰めて加熱して作ります。
中の煮汁も食べればDHAやEPAをしっかり摂取でき、いつまでも脳を若々しい状態に保つことができるかもしれません。

Page Top